今月の注目スクール・コース

MBA/欧州MBA 留学・就職サポート ‐ ビジネスパラダイム
 
 
 Location : 今月の注目スクール
 

2011年7月
English Home Stays (イギリス) One-to-one packages ;Home stay + English private lessons

英語を学びながら、英国文化を満喫

English Home Stays

English Home Staysは、イギリスで最も美しい地方の一つコッツウォルズで、ホームステイとマンツーマン形式の英語レッスンを組み合わせたプログラムを提供しています。イギリス貴族であるご夫婦によって経営されており、教室となる教師の自宅は定期的に厳しいチェックが行われており、大変清潔で落ち着いた環境にあります。プライヴェートレッスンを担当する教授は、皆、長年英語教育に携わっているベテランばかりです。近郊にBathやStratford-upon-Avonといった美しい観光地を控え、優雅で落ち着いた環境にあります。

語学留学が初めての方や、インテンシブな英語レッスンをご希望の方には是非お勧めのスクールです。基本的にマンツーマンの授業が提供されるため、1人の教師の自宅に1人の学生が滞在することとなり、学習の面でも、日常生活の面でも、細かいケアが行き届いています。コースは1週間単位でお申込が可能であり、大変フレキシブルです。お仕事でお忙しく、長期間留学することが困難な方でも、先生のお宅にホームステイしながら、英語の個人レッスンを受講するので、インテンシブに英語や英国文化を習得することが出来ます。

幅広い年齢層、ご要望にお応えすべく、様々なコースを取り揃えています。ジェネラルイングリッシュの他、ビジネスマン向けのビジネス英語、留学準備の為のIELTS対策、15-18歳向けのジュニアコース、50歳以上を対象としたシニアコース等々、それぞれお好きな授業時間数を選択することが出来ます。また、課外活動として、フラワーアレンジメント、英国料理レッスン、ガーデニング、英国庭園や農場の訪問等々もアレンジしています。勉強だけでなく、イギリスの文化も同時に体験でき、大変充実した留学生活を送ることが出来ます。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2011年6月
Reims Management School (フランス)MSc in Finance and International Banking

国際性豊かなビジネススクール

Reims Management School

Reims Management Schoolは、CFA(Chartered Financial Analyst)フランスと提携関係にあり、またCredit AgricoleやPricewaterhouseCoopersなどが同校の設立に寄与した背景もあり、伝統的に金融関連業界と強い繋がりを築いてきました。こういった背景もあり、在学生や卒業生にも、金融界にて活躍される方々が多く、ファイナンス関連のプログラムは大変実践的な内容となっています。

同校のMSc Finance and International Bankingは、投資のプロフェッショナルとして活躍中だが更に専門知識を深めたい方、又はこれから投資やInternational banking関連でキャリアを築きたい方に最適なプログラムです。

例年10月に開始され、約1年間のインテンシブなプログラムです。全て英語にて提供され、講義のみならず、グループワークやケーススタディ、現役で活躍中のビジネスリーダーによる講演等、論理と実践のバランスが取れた内容・構成となっています。MScを取得するには、プログラム後半に実施されるCertificate program in Financeに加え、Certificate Programme in International Banking又はCertificate Programme in Islamic Banking and Financeの何れかを修了しなければなりません。Certificate program in Financeは、CFA試験のレベル1の対策準備となっており、財務諸表分析 やコーポレートファイナンス等、4ヶ月に亘り180時間の授業が提供されます。その他、倫理やPersonal Developmentの講座も含まれております。

例年20名前後のクラスサイズを保っており、教授のケアが大変細かく行き届いています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2011年5月
Reims Management School (フランス) MBA

国際性豊かなビジネススクール

Reims Management School (フランス)

Reimsは、シャンパンの生産で世界的に有名ですが、古くから、歴代のフランス王が戴冠式を行った政治的・宗教的に重要な都市として発展してきました。学生都市としても有名であり、学生が暮らし易いような生活インフラが整っています。パリからは列車で僅か45分ですが、パリに比べれば経済的な留学生活を送ることが出来ます。

Reimsマネジメントスクールは、フランスのエリートを育成してきたグランゼコールとして、欧州でもトップクラスに位置しています。世界のビジネススクールの1%のみとなるEQUIS, AMBA (for the MBA) ,及びAACSBの三冠に輝いており、同校の質の高さを証明しています。同校の特徴として、徹底した少人数制、国際性、企業や卒業生とのネットワークが挙げられます。

MBAプログラムは、ファイナンス、ブランドマネジメント、ストラテジーに強いのが特徴です。著名なシャンパンのブランドを輩出した土地柄もあり、特にLuxury分野におけるマーケティングやブランドマネジメントは大変実践的です。MBAプログラム後半の選択コースでは、ワイン産業、及びホテル産業に特化したコースが設けられており、これら業界で活躍する人々をキャンパスに招きつつ、最先端のマーケティングの授業を実施しています。

フルタイムMBAのクラスは、例年30名前後のクラスサイズを保っており、教授のケアが大変細かく行き届いています。2009−2010年のフルタイムMBAの学生は、平均31歳、平均7年の職歴を有しており、各業界での経験が豊富な学生が集まっています。

同校は、世界中に150以上のスクールと提携関係を結んでいます。フルタイムMBAの学生は、他の提携校にてプログラムの一部を履修するチャンスもあり、更なる国際経験を積むことが出来ます。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2011年4月
Trinity College (アイルランド) MBA

超名門大学の経営するビジネススクール

Trinity College (アイルランド)

Oxford、Cambridgeと並ぶ欧州の超名門大学が経営するビジネススクールです。北米大陸をはじめ英語圏において、非常に高い知名度を誇っており、例年、米国人や英語圏出身の学生からの出願が多いのが特徴的です。欧州のMBAを学びながら、欧州、北米大陸双方にネットワークを築くことが出来る点は大きな魅力です。

カレッジはダブリンの中心地に位置し、大変趣のある建造物です。その歴史ある図書館は、ダブリンの観光名所となっています。アイルランドにはIT企業をはじめとした国際企業が多数進出しており、Trinity Collegeはこれら企業との充実したネットワークを築いています。

ビジネススクールは、その企業ネットワークを活かして、大変実践的なMBAプログラムを提供しています。起業、ストラテジー、企業倫理といった分野に強いのが特徴です。MBAプログラムの目玉となるCompany Projectでは、実際の企業のケースを取り扱い、最終的には提案まで行うコンサルティングワークです。コアコースで学んだ理論を即実践に移すことで、スキルや知識の吸収を確実なものとしています。

クラスサイズは、例年30名程度の少人数制を維持しており、教授のケアが細かく行き届いています。学生の平均年齢層は、30歳超となっており、経験豊富な学生が集まる傾向にあります。例年、日本人学生が少ない一方、欧州のビジネススクールとしては米国人学生が比較的多いので、英語を磨く上では抜群の環境です。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2011年3月
UCD Michael Smurfit School of Business (アイルランド) MBA

経験豊富な学生の集まる、実践性の高いMBA.プログラム。英語を磨く上でも抜群の環境。

  Audencia (フランス)その2

アイルランドの歴史ある大学University College Dublinが提供するMBAプログラムです。 世界でもトップクラスのMBAとして、長年に亘り質の高いプログラムを提供してきており、2010年のエコノミストランキングでは、世界31位にランキングしています。

Michael Smurfitビジネススクールのキャンパスは、Blackrockという海沿いの高級住宅街に位置しています。 ダブリン市内からBlackrock駅までは海辺を走る電車で15分です。スクールの建物は、古い教会を改造した大変ユニークなものであり、歴史の趣と施設の近代性とが絶妙な調和を醸し出しています。

フルタイムMBAのクラスは、例年40-50名の少人数制をとっています。 学生の平均年齢は30-32歳、平均職歴9年となっており、経験豊富な学生が集まっています。 また、クラスの約半数は外国人学生が占めており、そのうちアメリカ人学生が多数派となっています。 アジア人学生は例年少なく、英語ネイティヴの学生が多数を占めているので、英語力の向上を目的としている方々にとっては絶好の環境です。

起業、ストラテジーに強いのが特徴です。MBAプログラムの後半では、起業プロジェクトの他、選択コースを通じて専門性を高めていきます。 選択コースとしては、B2B Marketing、Enterprise Risk Management、Strategic Finance等々、幅広い選択肢が設けられています。 同校は企業との幅広いネットワークを誇っており、MBAプログラムでも十分に活用されている為、大変実践的です。 また、交換留学制度も充実しており、中国のCEIBSや米国のSternはじめ、世界のトップスクールにて学ぶ機会もございます。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2011年1月 Audencia (フランス)その2:
Master in Supply Chain and Purchasing Management – Double Degree Audencia/MIP Politecnico di Milano

フランスの名門ビジネススクール。少人数制できめ細かな指導が魅力。

  Audencia (フランス)その2

2011年の第一号として、先月ご紹介差し上げたAudenciaのSupply Chain and Purchasing Management修士プログラムをご紹介差し上げます。 本プログラムは、イタリアのビジネススクールMIP(2010年8月号ご参照)とのダブルディグリーとなっております。

国際ビジネスの成功に欠かせないSupply Chain & Purchasing managementについて、フランスとイタリアの名門ビジネススクールが、 産業界やThe Chartered Institute of Purchasing and Supply (CIPS)との連携関係を最大限に活かしつつ、実践的なプログラムを提供致します。 プログラム期間中、フランスのAudencia、及びイタリアのMIPの両キャンパスにて学ぶユニークな構成となっており、 それぞれのスクールの優秀な教授陣・学生との幅広いネットワークを築き、更なる国際経験を積むことが出来ます。 ミラノのMIPにて、Supply chain analysis、Strategic supply、Operations management等、ナントのAudenciaにて、 Purchasing fundamentals、Logistic management、International legal environment and management等をそれぞれ学びます。

基本的に一年間のプログラムですが、Extended programとして、一年間のプログラム修了後、更にAudenciaにおけるPrinciples of Managementコースを受講することが出来ます。 Extended programの場合は、最後にインターンシップ又はファイナルプロジェクトを実施することとなっております。

出願にあたり、学士号、英語スコア等が求められます。職業経験があることが望ましいですが、そうでない場合でも可能性がございます。 将来、この分野でのキャリア構築をご検討されている方々、欧州でのビジネス全般を目指されている方々にぴったりのコースです。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2010年12月 Audencia (フランス):MBA

フランスの名門ビジネススクール。少人数制できめ細かな指導が魅力。

  Audencia (フランス):MBA

Audenciaは、パリよりTGVで2時間のナントに位置し、人口約57万人の中規模都市です。 Time誌が、欧州で最も生活の質の高い都市に選ぶ程、生活環境は良好です。 学生都市ですので、フランスの他の都市に比べて物価は低めです。

Audencia MBAの目玉は、プログラム後半に実施されるConsulting projectです。 実際の企業のケースを取り扱い、最終的には解決案を提案します。約4ヶ月に亘る長期のプロジェクトとなりますが、 これまでに学んだ理論を実践に移す絶好の機会となっています。 これまでに金融、製造、ITなど様々な分野の国際企業についてコンサルティングを実施してきており、インターンシップの機会が提供される場合もあります。 特に、キャリアチェンジを狙う学生にとっては、希望のセクターとのコネクションを作る良いきっかけともなっています。

MBAクラスは、例年20から25名程度を維持しており、英語での議論やプレゼンテーションスキルの上達には最適な環境と言えます。 また、その国際性と学生の質の高さも特筆すべき点です。例年、MBAクラスの7割以上がフランス外の出身者で占められており、その国籍は多岐に亘っています。 学生は、平均年齢32歳、平均7年以上の職歴を有しており、各業界で豊富な経験を積んだ学生と共に学ぶことは大変刺激的です。 2011年のEconomistランキングでは、学生の質の点で世界5位にランキングされております。

キャリアサービスにも力を入れています。CVやカバーレターの書き方、面接のテクニック指導、学生の個別の状況に応じたキャリアコーチングが提供されております。 昨年のフルタイムMBAの学生の93%が、卒業後3ヶ月以内に就職先を見つけています。また、2011年のEconomistランキングでは、学生の給与上昇の点で6位にランキングされています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2010年11月 SDA Bocconi(イタリア):MBA

イタリアの超エリート校で経営スキルとネットワークを築く

 

イタリアの超エリート校として、長年に亘り質の高いプログラムを提供してきています。

MBAプログラムとしては、欧州、世界でもトップクラスであり、2010年のFTランキングでは、世界38位にランキングされています。

スクールの位置するミラノは、欧州の金融の中心地の一つであり、またファッションでも有名です。イタリアの経済の70%はスモールビジネスで支えられていると言われておりますが、 ミラノでも起業精神やそのような環境を在学中に肌で感じ取ることが出来ます。こうした地理的条件も背景にあり、Bocconiは、伝統的にファイナンス、起業、そしてラグジャリーに大変強いです。

12ヶ月のインテンシブなMBAプログラムは、前半に基礎知識・スキルを築いた後に、実践に移すスタイルをとっているので、 苦手分野を克服するのに最適だと言えます。プログラムの後半は、実際の企業のケースを取り扱うコンサルティングプロジェクト、起業プロジェクト、 企業でのインターンシップ、又は個人でのリサーチプロジェクトの何れかを選択することが出来、学生は将来のキャリアの展望に沿ったプロジェクトに取り組んでいます。 また、ニッチ市場に焦点を当てた短期間のコースも準備されており、イノヴェーション、投資、ラグジャリーの分野で近年注目されているマーケットを取り上げています。

Bocconiは、欧州、北米、ブラジル、中国等、30校以上の著名なスクールと提携しており、交換留学で更に国際経験を積むチャンスもあります。

欧州でも大変有名なエリート校であるだけに、出願してくる学生の質は大変高く、入試競争はそれだけ厳しくなりますが、難関を突破してSDA Bocconiの一員となれば、 各業界でリーダー的役割を担う同級生とのネットワークや、世界中に広がる同窓会ネットワークを通じて、国際ビジネスに必要な人脈を築くことが出来ます。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2010年10月 EM Lyon (フランス):MBA

起業プログラムに強いEM LyonのMBA

EM Lyon (フランス):MBA

EM Lyonのあるリヨンは、フランスでも有数の大都市であり、美食の町としても有名です。 中心街にはレストラン、バー、劇場、高級ブティックなどが立ち並んでおりますが、非常に趣のある建築物ばかりでリヨンの豊かさを感じさせます。 パリからはTGVが頻繁に出ており、所要時間は約2時間ですが、パリに比べると物価は安く、非常に暮らし易いところです。

EM LyonのMBAは、起業プログラムに強いことで有名です。年間を通してEntrepreneurial Leadership Projectという起業とコンサルティングの要素を兼ね備えたプロジェクトに取り組むこととなっており、 実際の企業のケースも取り扱うので、授業で学んだ理論を直ぐに実践に活かすことが出来ます。 EM LyonのMBAプログラムには、これまでにも将来起業を考えている学生が集まってきており、またMBA取得後に実際に起業された卒業生も多数おります。

起業の他、リーダーシップスキルを伸ばすことにも重点が置かれており、将来世界に通用するビジネスリーダーとして活躍する人材を育てるべく、 毎年そのプログラムは見直し、改善が図られています。コアコースの後には、ファイナンス、マーケティング、国際ビジネスの何れかを選択し、 専門性を高めることが出来ます。また、海外ビジネススクールとの提携も多く、コース後半に交換留学のチャンスもございます。

EM Lyonは、元々フランスのエリートを育成してきた経営大学として有名であり、教授・学生の質は非常に高いです。MBAコースは、 例年40−50名の少人数制を維持しており、20カ国前後の国籍の学生が集まっています。また、学生は平均7年程度の職歴を有しており、 経験豊富な他の学生と学ぶことは、非常に有意義で刺激的です。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:
mba@business-paradigm.com

 

2010年8月 Politecnico di Milano (イタリア):MBA

技術系名門! ミラノ工科大学のMBA

Politecnico di Milano (イタリア):MBA

ミラノ中心地に位置するミラノ工科大学は、世界でもトップクラスの工学系大学です。新しく建築された校舎は非常に斬新な建築で、最新設備を整えています。

同校のMBAは、5月開始の14ヶ月間のプログラムです。コアコースの後に、Finance、 Entrepreneurship and Innovation、 Design & Luxury Management、Global Business & Managementの何れかを選択することが出来、ご自身の将来のキャリアゴールに合わせて、専門性を高めることが出来ます。もしくは、コースの後半に、米国や中国の提携校にてダブルディグリーを取得したり、選択コースを欧州、南米、米国の提携校にて習得したりするチャンスも設けられており、更なる国際経験を積むことが出来ます。

MBAコースは、例年45名程度の少人数制を維持しており、学生のバックグラウンドは、エンジニアが多数を占めますが、その他、法律、経済など様々なバックグラウンドを有する学生が集まっております。2010年度のクラスでは、約30カ国の国籍、女性は全体の45%を占めており、国際性豊かでバランスの取れたクラス構成が特徴的です。

更にMIPの大きな特徴として、キャリアサポートが細かく行き届いていることが挙げられます。MIPの幅広いネットワークを活用し、企業との面談の機会を設けるなど、在学中から細かいキャリアサービスを提供しています。イタリア人学生のみならず、外国人学生も含め、学生の大半が、卒業前に就職先を見つけています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2010年7月 International University of Monaco(モナコ)シリーズその4:Master’s in Finance

美しいリヴィエラ海岸を臨む国際的なビジネススクール

International University of Monaco(モナコ)シリーズその4:Master’s in Finance

今月ご紹介するIUMのMaster’s in Financeは、10ヶ月の非常にインテンシヴなコースです。全体は3学期に分かれております。一学期は、分析力や理論のフレームワークを習得するコアコース、二学期にはパスウェイとして、ご自身の進路に応じて、Financial engineering, Hedge Fund & Private Equity, International Wealth Managementの何れかのパスウェイを選択することが出来ます。最終学期には、研究論文、実際の企業のケースを取り扱ったプロジェクト、又はインターンシップなどの形で、成果を示すことが求められます。その他、金融界の著名人を招いたセミナー、金融センターや金融関係の企業訪問などが随時実施されております。全体として、アカデミックと実践の双方のバランスがとれたプログラムとなっております。

クラスは、例年20名程度の少人数制をとっております。2009年度の例では、14カ国の国籍の生徒が集まっており、非常に国際性豊かです。これまでの傾向から、特に、米国の学生が多く、その他の国籍の生徒も非常に国際的なバックグラウンドを有している為、英語をブラッシュアップする意味でも、最適な環境といえます。

入学要件としては、基本的に4年制大学の卒業資格が求められます。学部において経済関連の学問を専攻、又はファイナンス関連の科目を履修されていることが望ましいとされておりますが、そのような学歴がない場合でも、関連する職歴があれば考慮されます。

卒業後の進路についても、金融関連の企業をキャンパスに招聘し、学生との面談の機会を設けるなど、非常に細かなケアが行き届いております。これまで多くの学生が、卒業前に就職先を見つけています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com
 

2010年6月 International University of Monaco(モナコ)シリーズその3:Master’s in International business & Global affairs

美しいリヴィエラ海岸を臨む国際的なビジネススクール

International University of Monaco(モナコ)シリーズその3:Master’s in International business & Global affairs

今月取り上げるIUMのMIBGAプログラムは、純粋なビジネスプログラムとは若干性質の異なるユニークな内容となっています。ファイナンスやマーケティングといったビジネスに直結した知識を習得すると同時に、地政学、国際関係学を学び、ビジネスと国際政策を直結させることを主眼に置いております。将来的に、多国籍企業や国際機関における就職を目指す方々にぴったりの内容となっています。

同コースは、2009年度に開講されたばかりですが、少人数制を保ち、教授と学生との密接な関係が保たれています。入学要件として、職歴は必須となっておりませんが、職歴のある学生が、今後、国際的なキャリアに転向することを目的に入学するケースもあり、学生の国籍・バックグラウンドは非常に多様です。プログラムは、アカデミックな要素と共に、ワークショップ等を通じた実践的要素にも力を入れています。

特筆すべきことは、各学生につき、国際機関や多国籍企業で実際に働く方がチューターとして当てられており、学習を進めていくにあたり、現場で活躍する方々の生のアドバイスを頂くことが出来ます。また、この制度は、就職の為のネットワーク作りという観点からも非常に有意義に活用されています。

MBAといった純粋にビジネスに直結したプログラム、又はアカデミックな国際関係や政治経済のプログラムを独立に提供しているスクールや大学が多数を占める中、本プログラムはこれら両学問にまたがる学際的な内容となっており、将来、多国籍企業や国際機関で活躍したい方々に適したプログラムであると言えます。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com
 

2010年5月 International University of Monaco(モナコ)シリーズその2: MBA in Luxury management

美しいリヴィエラ海岸を臨む国際的なビジネススクール

International University of Monaco(モナコ)シリーズその2: MBA in Luxury managementt

今月もInternational University of Monaco(IUM)が提供するユニークな修士プログラムを御紹介致します。モナコは世界的高級リゾートとして有名であると共に、ヨーロッパのブランドや美の業界に大きな影響を与えています。このような環境に位置するIUMで、Luxuryに特化したMBAを学ぶことは、様々な意味で利点が多く、有意義な留学となること間違いなしです。

本コースは10ヶ月のコースです。将来、Luxury業界でキャリアを積まれたい方にぴったりのプログラムです。

プログラムは3学期に分かれています。マーケティング、ファイナンス、サプライチェーンマネジメントといった通常のMBAプログラムで習得するコアコースに加え、Luxury分野に特化したプログラムである為、各学期にSpecialization coursesとして、Luxury consumer behavior、Luxury distribution & retailing、 Managing luxury brands等のコースが設けられており、より専門知識を深めることが出来るようになっています。

また、モナコという土地柄もあり、Luxury業界とのネットワーク作りにも有利であると言えます。IUM自身も、Luxury業界の各企業を同校に招いて、学生との面談の機会を設けるなど、学生の就職支援にも力を入れています。学生はかような機会にネットワークを築いて就職のチャンスを得たり、将来のキャリアの発展に繋げたりしており、卒業後の就職率も高くなっています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com
 

2010年4月 International University of Monaco(モナコ)シリーズその1:MBA in international management

美しいリヴィエラ海岸を臨む国際的なビジネススクール

International University of Monaco(モナコ)シリーズその1:MBA in international management

スクールは、世界でも有数の高級リゾート地モナコにあります。モナコ自体は、非常に物価が高いので、大半の学生は近隣のフランス領に住居を構え、学校に通っています。気候は一年中温暖であり、モナコ独特の開放感や高級感の下、他のビジネススクールでは味わうことの出来ないような印象深い留学生活を送ることが出来るでしょう。

本スクールは、フランス語圏にありますが、学士レベルから修士レベルまでの教育を英語にて行っており、世界中から様々な国籍の学生が集まっています。学生の国籍自体が多様であるに加え、それぞれの学生は海外経験が豊富であり、真に国際的な雰囲気を醸し出しています。
また、それ故に、学生の英語力は、Non-Nativeの学生であっても、一般的に高く、日本人の学生にとっては英語力を強化する上でも望ましい環境と言えます。

プログラムは大きく3学期に分かれています。それぞれの学期には、選択科目が設けられており、各学生の関心や将来の目標に沿ったカリキュラムとなるよう配慮されています。“折角1年間仕事を離れて学ぶのであるから、ビジネスの基礎となる知識をしっかりと身につけて欲しい”という考えの下、プログラムはアカデミックな面に力を入れています。
但し、あくまでも、実践性に拘る余り、職場でこれまで行っていたような作業を敢えて留学期間に行う必要はないとの意図であり、プログラム自体は、ケーススタディを豊富に取り入れた非常に実践に即した内容となっています。

例年日本人の学生が非常に少なく、学校側としては、日本人学生の申請を歓迎する由です。2010年3月時点で、今年9月開始のプログラムにつき申請を受け付けておりますところ、ご関心をお持ちの方は、是非とも弊社にご連絡下さい。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com
 

2010年1月 University of Dublin Trinity College (アイルランド) MBA

知名度抜群の欧州名門大学が経営するビジネススクール

University of Dublin Trinity College (アイルランド) MBA

1592年にエリザベス1世により設立されたダブリン大学は、欧州でも最も歴史のある大学の一つで、欧州にて上位にランキングされる名門大学です。同大学の経営するビジネススクールには、世界中より優秀な学生が集まっており、力強さと知的な気風を持った学生コミュニティの伝統を誇りとしています。

ダブリンには、1000年近く前に建てられた大聖堂や歴史的建造物が威風堂々と立ち並んでいます。カレッジはダブリンの中心地に位置し、博物館、図書館、劇場、映画館、レストランやショッピング等、全てが徒歩圏内にあり大変便利です。

同ビジネススクールのプログラムの特徴は、Company Projectと呼ばれるグループワークプロジェクトです。マネジメントの基礎を学ぶコアコースと並行しつつ年間を通じて実施される大きなプロジェクトで、実際のアイルランドの企業に入り込んで経営者と共に経営戦略について議論し、最終的には提案まで行うコンサルティングワークです。コアコースにて学んだ理論を実践に移すことが出来ると共に、1年間仕事から離れていても実際のビジネスの感覚を失わないようになっています。

少人数制をとっているのも特徴です。クラスサイズは、例年30名程度を維持し、教授と学生の密接な関係に努めています。学生の平均年齢層が他のビジネススクールよりも高く、平均は33歳程度、着いた雰囲気の中で勉強できる環境です。また、昨年度の例では半数近くがアイルランド以外からの外国人学生が占め、また男女比も半々となっており、多様性の確保にも配慮しています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2009年12月 Centre international d’Antibes
(フランス)

美しいコートダジュールで仏語のレッスン

Centre international d’Antibes (フランス)

学校は、フランス南部ニースとカンヌの間に位置するアンティーブに位置しています。温暖な気候で、年間を通して過ごし易く、世界的に有名なリゾート地です。学校で仏語のレッスンに励んだら、その後は美しいビーチにてリラックスすることが出来ます。また、アンティーブの旧市街には洒落たブティックや工芸家のアトリエが立ち並んでおり、散策するのも非常に楽しいです。美しいコートダジュールで、仏語の上達と優雅なヴァカンスを両立―満足度・充実度の高い仏留学を実現することが出来ます。

提供されているコースは、短期から長期まで、レベル毎に幅広く取り揃えられております。一般の仏語コースやDELF検定試験コースの他に、ビジネス、政治、芸術・文学といった分野の仏語をオプショナルコースとして組み合わせることも出来ます。また、オプショナルコースとは別途、Executive courseと称したビジネス仏語のコースが設けられており、こちらは最大4名の少人数グループによる授業で、ビジネスで用いられる用語・表現への習熟のみならず、仏企業、仏の税制といったテーマを取り上げつつ、幅広く仏語・仏のビジネスを習得できるようになっています。

その他、50歳以上の方々を対象としたプログラムや、仏の主要なヴァカンス期間中(年4回)に、家族でフランス語のレッスンを受けることが出来るプログラム等、様々な世代に対応するフランス語プログラムを提供しております。多様なプログラムを準備していることから、学生層も幅広く、アコモデーションの点でも学生の多様性に応じるべく非常に充実しております。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com
 

2009年11月 University of Southampton ? School of Management (イギリス) MBA

工学系で有名な大学が母体のビジネススクール

University of Southampton ? School of Management

Southamptonはイングランド南岸に位置する国際的に有名な港湾都市で、ロンドンからは電車で約80分の距離にあります。その歴史的な町並みの中には、劇場、ショッピング、スポーツ施設等が充実しています。

ビジネススクールの母体であるサウサンプトン大学は、リサーチ分野で定評があり、特に一般工学、電子工学、海洋学及び医学では、英国内の最優秀校の一つとして高い評価を得ています。学生は何れも仕事経験が豊富で、フルタイムMBAの平均年齢は30代半ば、実際にはそれ以上の年齢の学生も在籍しており、学生同士様々な経験を分かち合うことができ、学ぶことが多いと思われます。

MBA入学要件のうち、GMATについては現在のところ基本的には不要となっている点が注目されます(但し、大学の成績が十分でない場合等を除く)。プログラムは大きく分けて4期間に分かれています。前半のコアコースと選択コースの期間は、概ね授業が週3−4日間、残りは個人学習又はグループ作業というリズムで実施されます。その後に続くマネジメントスキルの応用モジュールにおいては、実際のケースを用いつつ、コア・選択コースにて習得したスキルを実践することとなっています。これら各コースの試験に合格すれば、7−9月にかけて卒業論文を執筆し、見事MBA取得となります。

同校は様々な国籍、バックグラウンドの学生を多数擁している為、留学生の受け入れ体制が非常に整っています。MBA在学中についても、コース選択の相談等に応じるコーディネーターやチューターが配属されており、学校側のサポートが万全である点は大きな魅力となっています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com
 

2009年10月 Inlingua (ドイツ)ドイツ語コース

文化の香り溢れるミュンヘンにて、実践的なドイツ語のレッスンを提供しています。

Inlingua Munichは、南ドイツ・バイエルン州の州都ミュンヘンにある語学学校です。ミュンヘンは古くから栄えた歴史ある大都市であり、芸術や歴史観光に充実した留学生活を送ることが出来ます。同校はミュンヘン市内の中心部に位置しており、公共交通機関を利用して周辺地域へのアクセスも容易です。学内には、インターネットへのアクセス可能な図書館もあり、空いた時間を使って、自主学習の出来る環境も整っています。

ドイツ語のクラスは、初心者から上級者まで少なくとも10の異なるレベルに細分化されており、ご自身のレベルに最適なクラスで学習することが出来ます。全くの初心者レベルを除いては、各レベルについて毎週開講されており、非常にフレキシブルです。授業は同校が独自に開発した教材・教授法に従って進められます。コミュニケーションを重視している為、学生がドイツ語を楽しく、迅速に学べるよう配慮されています。また、学生の国籍が多様なため、学校ではお互いのコミュニケーションがドイツ語という、語学上達に最適な雰囲気があります。

一般的なドイツ語コースの他に、検定試験コースや個人レッスン等、学生のニーズやスケジュールに応じた多彩なプログラムを設けています。また、通常のドイツ語の授業に文化活動やスキー・レッスンを組み合わせたユニークなコースも用意されており、教室で習うドイツ語とは趣の異なる、活きたドイツ語を習得することが出来ます。課外活動では、ミュンヘン市内観光や古城めぐりなど、南ドイツを満喫できるプログラムが組まれています。

アコモデーションについては、ホームステイ、ゲストハウス等々、様々に用意されており、ご自身に合った滞在形式を選ぶことが出来ます。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2009年9月 Edinburgh Business School - Heriot Watt University (イギリス) 通信MBA

現在のお仕事・ライフスタイルを維持しつつ、MBAを取得しませんか。

キャンパスは英国スコットランドのエジンバラに位置しており、最新の設備が整っています。同校は実践的なビジネス・プログラムを提供しており、通信制MBAプログラムも非常に定評があります。この通信MBAは、英国に赴くことなく、世界中どこからでもMBAのコースを受講、資格の取得を可能とするものです。現在でも150カ国以上の国々から、様々なバックグラウンドの学生がこの通信MBAで学んでいます。

入学要件は、フルタイムMBAに比べて特に厳しい制約はありません。基本的には4年生大学を卒業していれば、直ちに本コースへの登録を許可されますが、学歴が不足している場合でも、申請が保持されたままコースを開始することが出来、3科目を修了(そのうち1科目はコアコース)した時点で正式に登録が許可されます。基本的にはいつでもスタートでき、全コース修了までの制限期間は定められていませんので、ご自身のペースで学習することが出来ます。

MBA取得に要されるコアコース7科目と選択コース2科目のうち、幾つかのコースは、キャンパスにて受講することも可能です。評価は3時間の筆記試験によって行われ、この試験に合格することによりそれぞれの科目を修了となります。試験会場は、ご自身の御希望に最も近い場所となるようアレンジされます。

フルタイム、パートタイム及び通信制で取得する卒業証明は全く同じ性質のものです。また、一気にMBA取得を目指されない方もそれぞれのモジュールを単科で受講することが出来、コアコースと選択コースを上手く組み合わせつつ取得することにより、3科目を修了するとPostgraduate Certificate in Business Administration、6科目を修了するとPostgraduate Diploma in Business Administrationが取得でき、段階ごとに証明書が発行されますので、万が一、何らかの事情でMBAまで取得することが難しい状況となっても、やった分だけ何か証明がもらえるというのは大きな魅力だと思います。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2009年8月 University of Leeds Language Centre (イギリス)Academic English for Business and Management Programme(Pre-MBA)

定評のあるリーズ大学Pre-MBAコースにて、万全の入試対策・入学準備が出来ます。

リーズの街は、ロンドンとエジンバラの中間に位置しています(両都市ともに列車で約2時間)。イギリスにおいては中規模都市として栄えており、ショッピング、ナイトライフ、文化イヴェントなどが非常に充実しています。大学は、街のショッピング・モールから歩いて十分程のところにあります。

リーズ大学語学センターは、長年にわたり、語学学習のための質の高いサポートやトレーニングを提供しています。同センターのPre-MBAコースは、MBAやその他修士レベルのビジネスプログラムへの申請準備、入学準備をされたい方を対象としています。リーズ大学のビジネススクールに進学される方、他のビジネススクールへ進学される方のどちらでも受講することができます。1月開始の6ヶ月コース、4月開始の3ヶ月があり、後者を受講するには前者に比べて若干高い英語力が求められます。また、8月には6週間のコースも設けられておりますが、こちらは既にMBA又は修士レベルのコースに進学することが決まっている方を対象とした入学前準備コースです。

アカデミック・ライティング、プレゼンテーション・スキル等、MBAや修士レベルで必要な英語能力の向上を目的とした授業の他、ファイナンス、マーケティング等の授業もカリキュラムに組み込まれており、実際のMBAの授業を体験し、慣れておくことが出来ます。その他、IELTSやGMATのスコアメイキングのコースも設けられており、これらを受講された方の多くが高い成果をあげており、非常に定評があります。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2009年7月 IMI University Centre, International Hotel Management Institute(スイス) MBA in International Hospitality Management

国際的なホテルマン育成において世界最高水準のスイスで、真のホスピタリティースキルを習得しませんか。

IMIは世界的に有名なホテルマネジメント専門ビジネススクールです。キャンパスは、スイス最大の都市チューリッヒから陸路約1時間のところに位置し、ルツェルン湖を望む風光明媚な静かな環境にあります。ショッピングや娯楽施設が充実したルツェルン市を近郊に控え、充実した質の高い留学生活を送ることが出来ます。

IMIのMBA in International Hospitality Managementは、6ヶ月のインテンシヴなプログラムです。入学資格は、同校のBAコース又はPostgraduateコース修了、もしくはそれに相当するコース修了資格/職歴を保持していることとなっており、IMIでのコース内容に関連した学歴や職歴が重視されます。本コースは、戦略やマーケティング、人材育成、イヴェントマネジメント等から成っており、近年益々国際化の進む観光・ホスピタリティー業界の現状に即した内容となっております。また、同校のイントレーニング制度も充実しており、MBAコース修了後にスイス又は海外の有名レストラン・ホテルにてインターンシップを経験するチャンスもあります。

IMIは卒業生とのネットワークのみならず、諸外国の提携ホテルやホスピタリティー企業との密接なネットワークを有していることも最大の魅力の一つです。同校のネットワークを駆使して、卒業後の就職支援を行っており、実際、同校で将来のマネジメント候補生となるべく教育を受けた卒業生が世界の有名ホテルをはじめ主要ホスピタリティー業界で活躍しています。

ご関心のある方、またはより詳しい情報をお求めの方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2009年6月 Sorrento Lingue (イタリア) イタリア語+陶芸コース

世界でも有名なポンペイ遺跡の近くにあるスクールで学ぶ語学と陶芸のコース。

イタリア南部ナポリに位置するスクールです。風光明媚な港町であるソレントの歴史ある建物の中で授業は行われており、スクールは1年を通じて休むことなく開講していますので、思い立った時に授業を受けることが可能なのも魅力です。

語学コースについては、資格のある教師たちによる、高品質の授業が提供されており、スクール自体が「語学と国際教育の分野でトップに立つ」ことを理念として掲げているため、スクール全体で活気に満ちていると言えるでしょう。

また、イタリア人に向けて日本語の授業なども提供されているため、現地の日本語に興味のある人たちとの交流のチャンスもあると言えるでしょう。語学学校は比較的現地の人との交流は難しい状況が多いため、これはこのスクールの魅力の1つともいえます。

陶芸については、地元の工房にて、プロの職人の方によってナポリ陶芸を学ぶことが出来ます。入門コース終了後、応用編を学びたいと言う方にもスクールが親身に対応してくださいます。制作した作品は全て持ち帰ることが可能ですので、留学の思い出の品としてご自身の身近においておくことが出来ます。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2009年5月 UCD Michael Smurfit School of Business (アイルランド) MBA

企業とのコネクションの強さを誇る、歴史のある大学が母体のスクールが提供するMBAプログラムです。

アイルランドの首都ダブリンに位置する世界でもトップクラスのビジネススクールが提供するMBAプログラムです。

年度によって多少の差はあるものの、比較的年齢層の高い学生が集まる傾向が見られるため、キャリアの経験が長い方に特にお勧めのスクールと言えます。また、日本人学生は例年少ないため、1年制のプログラムであっても、かなり語学の面で鍛えられるでしょう。ネイティヴのクラスメイト達とのディスカッションなどに触れる機会はかなりあります。

企業とのネットワークの強さは抜きん出ており、これはプログラムにも現れています。コース中に「In company strategy project」と呼ばれるカリキュラムが組まれており、3月から4月にかけて7週間ほど実際の企業に入り込んで学ぶ機会が盛り込まれており、非常に実践的といえるでしょう。

比較的新しい寮もあり、こちらは例年人気が高いため、早めの予約が必要となってきます。学生間のコミュニケーションも活発ですので、寮はクラスメイトとの交流を育む場ともいえます。学校の設備はキャンパスから出る必要性がないほど、非常に充実していますので、勉強には最適の環境が整っています。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2009年4月 ESADE Executive Language Centre (スペイン) Business Spanish

年中活気のある街バルセロナで学ぶ高品質のビジネススペイン語プログラムです。

スペインバルセロナに位置する、ビジネススクールでも有名なESADEが提供するビジネススペイン語プログラムです。

スクールの位置するバルセロナは、世界でも観光地として有名で、年間を通していつでも観光客が訪れているため、にぎやかで、活気にあふれています。また、建築、アートという面からも、世界に誇る様々な建築物が街中にあふれていますので、趣があるのも魅力です。

コースは既にある程度スペイン語を取得している方向けにプログラムされており、実際のビジネスの場で物怖じせず、交渉なども含めてスペイン語を操れるように指導されます。コースはモジュール1から4で構成されていますが、モジュール1(つまり1週間)のみの受講も可能ですので、多忙なビジネスマンの方々にもお勧めできます。モジュール1から4までを最初に申し込んだ方には、授業料のディスカウントもありますので、良心的です。また、クラスは最大でも10名までとなっていますので、少人数制で学ぶことが出来ます。

アコモデーションの種類も豊富ですので、ご自身の滞在形式に合わせて、ホームステイ、寮、あるいはシェア形式の滞在などを選択することが可能となっており、スクールのスタッフも出来るだけ皆様のご要望にお応えできるように親身に対応してくださいます。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2009年3月 Stirling (イギリス) MBA

小さな美しい街に位置する環境抜群のスクールです。ご家族連れで留学の方にお勧めできます。

スコットランド南部からハイランドに抜ける道沿いにある小さな街スターリングは、本当に静かで、自然も豊かで美しく、また大学の敷地内には、ゴルフのハーフコース、お城などから宿泊施設なども整っており、図書館も大きいため、環境抜群のスクールといえます。

このコースの特徴としては、専攻分野を思いっきり深く学べるようにプログラミングがされているところが大変魅力的だといえます。Business Venture Management, Corporate Finance, International Business, Marketing, Operations & IS Managementの5つの専攻から1つを選び、選択科目もそちらに特化して取得することが可能となっていますので、ご自身の興味のある分野を掘り下げて学ぶことが出来ます。

小規模制をとっており、教授陣、スクールスタッフ、学生間の距離が非常に近いため、パーソナルアテンションは十分に得られ、サポートも手厚く受けることが出来ます。また、治安面でも、小さな街で、静かな環境に恵まれていることから安心して生活できる環境が整っており、ロンドンなどの都市部に比べますと物価も安いですので、ご家族連れで留学をお考えの方にもお勧めです。

大学内においては、英語コースも提供されていますので、英語に自信のない方は、早めに現地入りをして、英語のブラッシュアップを図ることも出来ます。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2009年2月 Hilderstone College (イギリス) ケンブリッジ英検コース

イギリスらしさが残る英国南東部のブロードステアーズで、フレンドリーな環境で留学体験をすることが出来ます。

英国南東部のブロードステアーズという街にある公立の英語学校です。ロンドンへのアクセスも電車で2時間弱と近く、イギリスの田舎の良い部分と、都市部の良い部分を同時に楽しむことが出来ます。

学校は地域の文化センターに併設されていることから、非常に地域に溶け込んでおり、地元の人々と接触する機会も多いため、学校で学んだ英語をすぐにネイティヴの人たちに使ってみるチャンスがいくらでもあります。

全ての授業において、指導にあたる講師の質は高く、試験対策コースの授業レベルも非常に質が高いと評判です。ライティング、リスニング、スピーキング、リーディングという4つの分野をバランスよく伸ばし、最終的にケンブリッジ検定にパスできるようにプログラムされています。

滞在形式は基本的にホームステイとなっており、全てのホームステイ先のファミリーはスクールによって定期的にチェックを受けているので、安心してステイすることが出来ます。また、スクールのスタッフのケアも非常に行き届いていますので、初めて海外留学をされる方にもお勧めできるスクールといえるでしょう。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2009年1月 Bocconi(イタリア)MBA

ファッションの街ミラノで集中的に学ぶ1年制プログラム。交換留学制度も充実しています。

イタリア北部にある、ファッションで有名な都市ミラノに位置するBocconiのMBAは、世界でもトップクラスを誇るプログラムです。

コースは12ヶ月、大きく分けて4つの期間に分かれており、特筆すべきは、5月にDecision Making, Personal Leadership, Negotiation, Governanceの4つの分野のソフトスキルを伸ばすプログラミングが組み込まれている点です。将来マネジメントに関わる人材に必要なソフトスキルをいかに伸ばしていくか、というところで工夫がこなされています。

また、こちらのスクールは、交換留学制度が非常に充実しており、欧州はもちろんのこと、アメリカ、ブラジル、インド、日本のスクールなど計30校以上に上る世界各国のビジネススクールと提携していますので、イタリアだけではなく、他の国で学ぶ機会もあります。

語学のフォローもきちんとされており、プログラム期間を通じてイタリア語のコースを受講することが可能となっており、また、ノンネイティヴEnglish Speakerに対しては、12月まで集中英語コースも設けられていますので、語学に不安があるままコースをスタートする方でも安心して臨めます。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2008年12月 Nyenrode (オランダ) International MBA

徹底した少人数制ながらも、学生の国際性の豊かさを誇るプログラムです。

アムステルダム郊外の小さな街に、古城とその周りを囲むようにして設置されている落ち着いた雰囲気のスクールです。構内には、公園や美しい沼があり、遊歩道などもあり綺麗に整えられています。宿泊施設・スポーツ施設が素晴らしいのも特徴の一つです。

クラスは少人数制がとられており、また、学生の国際性を非常に重要視しています。少人数制であることから、学生同士はもちろんのこと、教授陣や学校スタッフとの距離も近いため、フレンドリーな雰囲気です。初めて留学される方にもお勧めできる環境といえるでしょう。

コース期間はフレキシブルとなっており、12ヶ月もしくは15ヶ月間で終了することが出来ます。前者の場合には、General Management MBAということで、専門性がないものになりますが、後者の場合には、残りの3ヶ月の期間で、次の4つの分野で専門性を特化させることが可能です(Finance and Banking, Marketing Management, Entrepreneurship and Family Business及び International Strategy and Consulting)。

このスクールの別の特徴としては、卒業生とのネットワークの充実が挙げられ、世界各地に広がって活躍されている卒業生とのコンタクトにより、コース終了後再就職先を見つけられた方もいらっしゃるほどです。同期生だけでなく、同窓生間のつながりの広さ、深さも、コースを選択されるにあたり、注目するべき点といえます。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2008年11月 INSEAD (フランス) PhD in Management

世界的にも評価の高いビジネススクールで、質の高いPhDコースを受講することが出来ます。

INSEADといえば、世界的にMBAが有名ですが、近年PhDにも力を入れており、学生の採用にも積極的です。

本コースを受講する学生は、フランス及びシンガポールキャンパスはもちろんのこと、リサーチセンターのあるアブダビ、イスラエル、また提携校でもあるアメリカのWharton School of Businessで学ぶチャンスがあり、世界各地で学びの場を得られることはとても魅力的であるといえるでしょう。

コース受講中は、著名なアカデミィックジャーナルでの発表や、カンファレンスに積極的に参加することが出来ますので、ご自身の研究発表のチャンスは多くあるといえます。また、次の6つの分野に特化した研究をすることが可能です(Decision Sciences, Finance, Marketing, Organisational Behaviour, Strategy, Technology and Operations Management)。

本コースの卒業生は、その後、Harvard, Carnegie Mellon, Stanfordといったアメリカのトップビジネススクールを始め、London Business School, IMD, IESEなど欧州のトップビジネススクールにおいても教授としての職を得ています。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2008年10月 Eurasia Institute (ドイツ) University Preparation Courses

ドイツの大学を目指す方向けの準備コース。きめ細かいサービスが評判です。

ドイツのベルリンから電車で20分ほどの場所に立地する、アットホームなスクールです。校長先生とその奥様はイギリス人で、昔日本に住んでいたこともあるため、親日家でもあり、日本人の学生の受け入れに非常に積極的です。

このスクールの大学準備コースは主に3つのコースに分かれており、個々のニーズに応じてコースを選ぶことが出来ます。特にお勧めしたいのは、プレミアムコースで、こちらは課外活動も料金に含まれているので、勉強だけでなく、遊びも充実させた留学生活を送ることが出来ます。また、進学の準備に際しては色々と相談事が多くなりますから、個人カウンセリングが回数の制限なく受けられることは非常に心強いといえるでしょう。

このコースではドイツ語コースのほかに、英語のコースも提供されており、一般英語を始めとしてIELTSなどの試験対策も可能となっていますので、英語とドイツ語を同時に学ぶことも可能です。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2008年9月 Sheffield University (イギリス) Pre-MBA

基本的に入学時期は決まっていますが、場合によっては途中のコース入学も可能であり、対応のフレキシビリティが魅力のコースです。

イギリスの中部シェフィールドに位置する、シェフィールド大学が提供するPre-MBAコースです。これまでに多くの学生をシェフィールドだけではなく、他のビジネススクールのMBA, MSc, MAのコースへ送っており、その指導力の高さには定評があります。

このプログラムは、将来的にMBAなどビジネスに関連するコースを目指される方々向けにプログラムが組まれており、英語の能力アップはもちろんのこと、ビジネスの基礎もこのコース内で固めていくことが可能です。

プレゼンテーションスキルのトレーニング、ケーススタディなど、MBAで実際に学ぶ形式を取り入れて、本コースに入る前に効率的に準備をしていくことが可能です。また、コース中に現地企業訪問などのチャンスがあることも魅力的だといえるでしょう。

開始時期は基本的に年に4回設定されていますが、場合によっては、途中からのスタートも可能ですので、フレキシブルに対応してくださる点もこのコースが常に人気のある理由の1つだと思います。大学内の施設も利用できますので便利ですし、シェフィールドという街は学生の街なので、過ごしやすく、勉強に集中できる環境が整っています。

特筆すべきは、毎年夏の時期に行われる学内テストに合格すれば、そのままシェフィールド大学のMBAには進学できる仕組みがとられており、合格の可能性を高めることが出来ます。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまで問い合わせください:mba@business-paradigm.com

尚、ご存知の方も多いかと思いますが、このビジネススクールは、MBAコースももちろん持っており、MBAコースも非常に高い評価を受けております。MBAコースにご興味のある方も是非お問い合わせください。

 

2008年8月 IE Business School (スペイン) Master in Advanced Finance

1月スタートのファイナンスに特化したプログラム。場合によってはまだ2009年1月入学の申請を受け付けてくださる可能性があります!

スペインのマドリッドに位置する、昨今MBAの世界ランキングが急上昇中のスクールが提供する、ファイナンスに特化したプログラムです。こちらのAdvanced Financeのコースは、職歴のある方を対象にしたプログラムなので、就業経験の豊かなクラスメイトと切磋琢磨しながらコースを受講することが出来るのが魅力です。

このプログラムは、3タームに別れて構成されており、各タームにおいて科目の選択肢も多く、ファイナンスに関する知識を思う存分深めることが出来ます。また、ケーススタディなどが豊富に盛り込まれたプログラムとなっており、非常にプラクティカルな構成になっているとも言えるでしょう。グループワークなどもあるため、ソフトスキル能力を伸ばす機会にも恵まれています。

また、IEで特化すべき点は、卒業生とのネットワークの充実度です。スクール側も今後益々学生を増やし、世界で活躍する卒業生をどんどん増やそうと試みています。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまで問い合わせください:university@business-paradigm.com

尚、ご存知の方も多いかと思いますが、このビジネススクールは、MBAコースももちろん持っており、MBAコースは世界的にも非常に高い評価を受けております。MBAコースにご興味のある方も是非お問い合わせください。

 

2008年7月 TiasNimbas Business School (オランダ) MA International Business & Marketing Management

世界30カ国から学生が集まる非常に国際的な環境の中で、国際的なプログラムを学ぶことが出来ます。

オランダのユトレヒトキャンパスで学ぶこのコースは、職歴のない方でも受講することが出来るプログラムです。学生も世界30カ国にも及ぶ国々から集まっているため、国際的な環境であり、また、交換留学制度が整っているのも魅力的です。

このプログラムは、4段階のステージに分かれて構成されており、コア科目から、アドバンスの知識まで幅広く学ぶことが出来ます。注目すべきはPersonal /Professional Development Portfolio(PDP)と呼ばれるもので、1年のコースを通じて、個々の学生の強み、弱みなどを把握しながら、個々の学生の人間性の幅を広げ、コース終了後、Young Professionalとして社会で活躍していく人材に育てて行くことを目的としたものとなっています。

キャンパス内はワイヤレス回線なども整っており、またスタディルームなどもありますので、勉強に集中できる環境が整っています。卒業生とのネットワークも整備されていますので、同期生だけではなく、年代の離れた方とのネットワークを築くことも可能です。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまで問い合わせください:university@business-paradigm.com

尚、ご存知の方も多いかと思いますが、このビジネススクールは、MBAコースももちろん持っており、MBAコースは世界的にも非常に高い評価を受けております。MBAコースにご興味のある方も是非お問い合わせください。

 

2008年6月 Italiamo (イタリア) 文化コース

語学を学びながら同時に興味のあるイタリア文化を学ぶことが出来るコース。短期間でも充実したプログラムです。

イタリアの首都ローマを始め、芸術の町として有名なフィレンツェ、イタリアの経済都市ミラノなど、イタリア各地に拠点をもつスクールです。日本人スタッフもいるため、日本人学生へのサポートは整っているといえるでしょう。

このスクールの文化コースは、料理から陶器、インテリアデザインなど様々に取り揃えられており、スクールで、人柄重視で採用をしているため、質の良い生徒が集まり、国籍のバランスもよく取れた構成となっています。少人数制のため、1人1人へのケアも非常に整っており、初めて海外留学をする方にもお勧めといえます。高度なイタリア語力や、専門用語力は特に問われません。初心者から受講できるのも魅力的です。

金銀細工・ジュエリー制作のコースでは、指輪・ピアスを作る際の色々なデザイン及び技法を学ぶことが出来ます。シンプルなものから段階的に学べますので、無理なく学ぶことが出来るでしょう。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2008年5月 アトリエ・デ・ラング(フランス) 学生ビザプログラム

集中してフランス語を習得されたい方にお勧めの小規模制のプログラムです。

フランスの首都パリにある小規模制のスクールです。授業はオーラル・コミュニケーションに基づいたオリジナルの指導方法を採用しており、「生きたフランス語」を学べる機会を提供しています。

クラスは6名までの少人数制のため、教師との距離も近く、非常にアットホームな雰囲気なので、学生1人1人へのケアも行き届いており、初めての海外留学の方も安心して学生生活を過ごすことが出来ます。

学生ビザプログラムは6ヶ月及び1年間のコースがあり、いつでも好きな時期にスタートが出来る開始日自由選択コースと、学費を抑えた開始日限定コースに分かれているため、良心的です。

日本人スタッフがおりますので、日本語での対応も可能です。

より詳しい情報をお知りになりたい方、またご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2008年4月 Aberystwyth University (イギリス) Full time MBA

チャールズ皇太子が教育を受けた大学でMBAを学ぶ!これからの申請でもまだ2008年入学に間に合う可能性が十分あります。

小規模なスクールで、人柄重視で採用をしているため、質の良い生徒が集まり、国籍のバランスもよく取れた構成となっています。少人数制のため、1人1人へのケアも非常に整っており、初めて海外留学をする方にもお勧めといえるでしょう。

ウェールズの海岸部にスクールは位置しており、環境もよく、家族連れの留学も安心して出来る土地柄といえると思います。プログラムはアカデミィックな部分と、プラクティカルな部分がバランスよく混ざっており、充実した内容といえるでしょう。

学内施設も整っていて、大学に隣接して設備の整ったNationalライブラリーが設置されています。

より詳しい情報をお知りになりたい方は:

http://www.business-paradigm.com/mba_school/uk/aberystwyth.html

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2008年3月 Leiths School of Food and Wine (イギリス)

近年のイギリスにおける食産業の革新的な発展や、ジェイミー・オリバーなどの著名なシェフたちの活躍により、高まる料理学校熱の中でも非常に人気のあるスクール。

 

ロンドン市内でもリッチな場所で知られるケンジントンからスタートしたスクールです。現在はロンドンの西Ravenscourt Parkに程近いところに新しい校舎を設け、近年の料理学校人気に応えるべく、新しいスクールはより広いスペース、料理施設、アコモデーションなど、学生にとってよりよい環境でクラスを受講できるようにとの配慮が見られています。

コースは、将来シェフを職業として選びたい方々向けの専門コース(この専門コースは初心者向けのビギナークラスから、Intermediate, Advanced, Diploma...など段階を踏んで設定されています)はもちろんのこと、一般的な料理やワインを学ぶなどといったコースも多種多様に設定されているので、料理に興味をもたれていらっしゃる方がどのレベルでも参加できるようになっています。学べる料理は、フランス、イタリア、イギリスなどなど、世界各国の料理を学ぶことが出来、ディプロマコースは、特にフランス料理に重きを置いて授業が組まれています。

卒業生は、自分でケータリングの会社を起業したり、ロンドンの有名なレストランThe Ivy, Racineなどにシェフとして採用されたりしているのはもちろんこと、料理雑誌や、レシピを開発する仕事など様々な分野で活躍しています。

このスクールの特徴は、どのクラスも非常にフレンドリーな雰囲気で、魅力的だといえるでしょう。初めて長期で留学される方もアットホームな雰囲気で学ぶことが出来ますので、安心して学ぶことが出来ます。

短期の留学も対応が可能です。ホリデーコースもありますので、スタート時期は限定されていますが、上手くスケジュールを調整すれば、1週間のコースを受講することが出来ますので、集中して料理を学びたい方にもお勧めできます。こちらもビギナーからアドバンスまで幅広くレベル別に取り揃えられていますので、ご自身に合ったレベルで受講できます。

初心者用のコースは特に人気が高く、早めに予約で埋まってしまいますので、お申し込みは、早め早めに済ませられることをお勧めいたします。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:school@business-paradigm.com

 

2008年2月 MSc in Sport Management Loughborough University (イギリス)

イギリスでも最高の狩猟地として名高いLeicesterにキャンパスを持つ大学。体育・スポーツの大学として国内外からの評価が非常に高いスクールです。

イギリスのほぼ真ん中Leicesterに位置するスクールです。自然に恵まれた環境であり、キャンパスも広々としています。ロビンフッドで有名なノッティンガムへも車で40分とアクセスは良く、生活環境には恵まれています。

コースは、School of Sport, Exercise Sciences, the Business Schoolがジョイントしてプログラムを形成しているため、スポーツマネジメントを様々な方面から検討する機会が多くあり、非常に充実したプログラムです。

大学が、世界においてもスポーツ界で知名度が高いことから、スポーツ界におけるコネクションは非常に強いものがあり、学生の中にも過去にプロとして活躍をしていた学生が混じっていたり、オリンピックコミッティーなどとのリンクもあるため、将来スポーツ界でのキャリアを本格的に考えていらっしゃる方にはお勧めのコースです。

また、多くのプロジェクトが外部の組織とのコラボレーションのもとに行われているのも魅力的ではないかと思います。

キャンパス内は、学生会館、バー、ツアーデスクなど必要な施設は整っており、生活設備も充実しています。また、体育館、プール、運動場、全天候型運動場など、スポーツ施設が充実していることは言うまでもありません。

海外からの留学生の受け入れも積極的で、世界100カ国以上の国々から留学生が集まっています。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:school@business-paradigm.com

 

2008年1月 Wimbledon School of English (イギリス)

緑の多い、環境の良いロンドンのウインブルドンで英語を学ぶ。ジェネラルコースから試験対策までコースの種類の豊富さが魅力です。

 

ロンドンでも比較的治安がよく、テニスでも有名なウインブルドンにあるスクールです。私立の語学学校のため、生徒へのケアも非常に良いので、初めて留学を考えられている方も安心して学ぶことが出来、お勧めできます。

コースは、一般英語を学ぶジェネラルコースから、ケンブリッジ試験あるいはIELTSを受けられる方のための試験対策コース、また、Culture と語学をミックスさせた、熟年層向けのコースも設けられており、提供されているコースが多いのも特徴です。色々な目的に合わせてコースを選択することが出来るので、長期語学留学をお考えの方にもお勧めだといえるでしょう。

また、特記すべきは、一般の語学コースのみならず、大学、大学院、MBA留学対策としての、Pre Masters/Pre MBA with IELTS preparation and GMAT preparationコースです。ロンドンでは、なかなかGMAT対策のコースを提供しているスクールが多くありませんので、こういった語学スクールが提供するコースで英語とGMATのスコアを同時にアップできるというのはとても魅力的だといえると思います。

最後になりますが、このスクールはアコモデーションのケアが非常に充実しています。ホームステイはもちろんのこと、Kings Lodge ResidenceあるいはHaynt Walk House Shareなどのステイ形式を取ることも可能ですので、例えば慣れないうちはホームステイ、その後他の学生とのシェアを体験してみるなど、実り多い経験をすることも出来ます。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2007年12月 IUM MSc in Luxury Goods and Services (モナコ)

新しいコースでありながらも、ラグジュアリーマネジメントに高い評価を得ているプログラム。フレンドリーなスクールの雰囲気も魅力的です。

 

モナコのIUM(International University of Monaco)が提供する、MScプログラム。コースは10ヶ月で、就業経験の無い方でも受け入れています。将来、Luxury業界でキャリアを積まれたい方には非常にお勧めのプログラム。

Luxury分野に特化したプログラムであるため、コースも特徴的で、コアの科目を学ぶタームでは、理論的な方面から、Luxury商品の定義、オペレーションなどを学び、The Luxury Concentrationと呼ばれる中には、より特化した科目を学べる機会があり、Luxury Marketing Management、Managing Luxury Brandsなどより知識を深めることが出来ます。

また、コースの最後にはPractitionar Cross Link Coursesと呼ばれるコースがあり、プロジェクトベースでLuxury業界を分析するチャンスがあるため、それまでコースで学んできたことを実際のビジネスの場でどう生かせるか?と当てはめていくことが出来ますので、プラクティカルなコースであるといえます。

IUMには、このLuxuryコースのほかに、Full-Time MBAももちろんあります。

IUMは、スクールとして非常にフレンドリーで開放的な雰囲気であり、実際にスタッフはとても親しみやすく、フォローも行き届いていますので、初めて海外留学で不安をもたれる方にもお勧めできます。過ごしやすい環境が整っているという点はIUMの素晴らしいポイントの一つであるといえるでしょう。

また、モナコという土地柄、国際性も非常に豊かであり、またスクール外のネットワーキングも活発なため、世界各地から集まっているエネルギッシュで魅力的な方々と知り合えるチャンスもあります。実際にこれまで、IUMで学んだ後そのようなネットワークを生かして起業されている方もいらっしゃいますし、将来起業を目指されている方にも魅力的な土地柄であるといえると思います。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2007年11月 EMLyon Full time International MBA (フランス)

将来起業を考えている方にお勧めのプログラム。モダンなキャンパスで施設面も非常に充実。

フランスの都市リヨンに位置するEMLyonが提供するMBAプログラムは、アントレプレナーシップに非常に定評があり、これまでにも将来起業を考えている多くの学生が受講し、その後実際に起業をされている卒業生もいらっしゃいます。Entrepreneurial Leadership ProjectはEMLyonのMBAの特徴を示すものであり、クラスルームで学んだことを実際の社会(企業)でどのように生かすかという機会を与えられ、またチームでプロジェクトをするため、インターナショナルな環境の中で、どのようにタスクを勤め上げるか、という点でも貴重な経験を得ることができます。

クラスはマキシマムで50名と比較的小規模なため、学生間のコミュニケーションも密であり、また、教授陣との距離感も近いため、非常にプロフェッショナルなクラスメイトが多い中でもアットホームでフレンドリーな雰囲気もあり、学習環境には最適といえるでしょう。キャンパスがモダンなため、施設面でも充実しています。

リーダーシップスキルを伸ばすことにもフォーカスがおかれており、将来世界に通用するビジネスマネージャーとして活躍する人材を育てるべく、毎年そのプログラムは見直し、改善が図られ、スクール自体にも活気が見られる今後も楽しみなスクールです。

特筆すべきは、他のビジネススクールに比べて女性の割合が比較的多いこと。また、国際性も高く、毎年世界20カ国前後から学生が集まっています。海外のスクールとの交換留学制度も設けられているため、MBA受講中に、他のスクールで勉強をしてみたい方にもお勧めできるプログラムです。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2007年10月 don Quijote (スペイン)

学べるコースは色々!短期留学から長期留学まで様々なニーズに対応可能。

1986年に設立後、その規模を拡大してきた語学学校で、現在はスペイン各地にはもちろんのこと、南米にもスクールがあり、そのコースの質においては徹底した管理がされているため、高品質の授業を受けることが出来ます。

コースはジェネラルコースから、ビジネス、試験対策はもちろんのこと、スペイン語+カルチャーを組み合わせたコースも充実しており、スキューバダイビングや、クッキングなどのコースも提供されていますので、勉強だけではなく、趣味の面でも色々と経験されたい方にはお勧めのプログラムです。

アコモデーションのチョイスも幅広く、一般的なホームステイから、学生寮、少々お値段は張りますが、プレミアムアコモデーションも選択可能なので、快適な留学生活が送れるよう、学校側の配慮が見られます。

スペインでは、首都マドリッドを始め、学生の町サラマンカ、観光都市として有名なバルセロナ、グラナダなど、各地にスクールがありますので、長期留学の方は、複数のスクールにてコースを受講することも可能となっています。

サラマンカには日本人のスタッフの方もいらっしゃいますので、初めての留学の方でも安心して滞在が出来るように、フォローが行き届いています。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:language@business-paradigm.com

 

2007年9月 Kingston University (イギリス)

MBA 初のロシアとのネットワークを築き上げたビジネススクール!

 

2008年2月スタートのフルタイムMBAが開講される予定となっており、今年秋入学の申請準備に間に合わなかった方も、来年の秋まで待たなくても、コースを受講できる可能性がありますので、なるべく早くMBAの受講をお考えの方には特にお勧めです。

大学はロンドンのやや郊外にありながらも、アクセスには便利な場所にあり、また、周辺環境が非常に落ち着いていて、治安も良いため、安心して留学生活を送ることが出来ます。

ビジネススクールはここ数年、非常に速いスペースで進歩しており、スクール全体でプログラムをよりよくしていこうという活気が見られますので、これから益々楽しみなスクールの1つです。また、他のスクールに比べて、ローカルの英国人の学生が多いのも特徴ですので、綺麗なブリティッシュアクセントを身につけたい方にもお勧めできるといえます。

MBAのプログラム自体はプラクティカルなものとなっており、また、最近注目のロシアとのネットワークも充実しています。学生は、International Study Weeks、Study Tripsなどに参加することも出来、UKだけでなく、他の国でも学ぶ機会を得ることが出来るのは、とても魅力的であるといえるでしょう。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2007年8月 UEA(イギリス)

UEA(University of East Anglia)のINTOプログラム〜目指せ、大学、大学院留学

UEAのINTOセンターでは、大学学部あるいは、大学院への進学を可能にする高品質な各種コースをそろえています。UEAは英国全体の調査において、学生の満足度という項目で英国のトップ5のうちの1つに選ばれており、その質の高さは保証されています。コースは、大学学士課程の第1学年への入学を希望している傾けの、Foundationコースから、ビジネス経営学もしくは経済学の修士課程への進学に向けて、よりアカデミィックな準備が必要な方向けのコース、また、4週間のサマースクールまで様々なコースが提供されており、プログラムは非常に充実しています。

例えば、Foundationコースでは、全ての受講生は正規の大学生と同等な立場としてみなされ、UEAへの条件付オファー入学が保証されています。また、海外からの留学生の受け入れにも慣れているため、最高レベルのパーソナルケアーとサポートを受けることが可能です。

また、Graduate Diploma Programmeでは6ヶ月あるいは9ヶ月のコースが提供されており、大学院での履修のために語学スキルを向上させ、ビジネスや経済学への理解を深めることが目的とされており、こちらのコースを終了された方は、その時点でIELTS6.5相当の英語力と全ての教科において50%以上の成績を取得してさえいれば、UEAあるいはNorwich Business Schoolもしくは経済学大学院への入学が保証されています。

UEAはキャンパス内に湖を有する広々とした敷地内に立地しており、市内へのアクセスも便利なため、生活する環境も整えられており、また、学生寮も充実しておりますので、安心して勉強に集中できるといえるでしょう。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:school@business-paradigm.com

 

2007年7月 MIP (イタリア)

MBAコース

(コース終盤のプロジェクトワークで実践を図る!)

2008年度より従来の3月スタートから5月スタートに変更しました。このため、デッドラインは12月末となっていますので、これからの準備でもまだ十分に間に合います!

イタリアの技術系大学内のビジネススクールにコースが設置されており、14ヶ月のプログラムで英語で授業は行われています。TOP MBAランキングでは世界で21位にランキングされており、これから益々その成長が楽しみなスクールの1つでもあります。小規模制を重視しながらも、生徒の国際性は多様で、世界20カ国から学生が集まっています。

MIPのコースの際立った特徴としては、コースの後半で、専門性を高められる機会が設けられており、Design Management, Finance, New Product & Venture Development。。。などといったチョイスから自分の専門性を高めたい分野を専攻していくことが可能なので、自分の興味のある分野をより深く勉強することができます。

また、一般企業で働くプロジェクトワークが盛り込まれており、最近の統計では、80%の学生が、このプロジェクトワークで働いた企業から仕事のオファーをもらっているため、将来欧州で働きたい人には、その可能性を高める魅力的なプログラムであるといえるでしょう。

イタリア語の授業も開講されているので、イタリア語を同時に勉強したいという方にもお勧めのプログラムです。

ご興味のある方、ご質問のある方はこちらまでお問い合わせください:mba@business-paradigm.com

 

2007年6月 Swansea University(イギリス)

MBAコース

(勉強に最適な環境で、充実した留学生活を送る!)

最終の締め切りが8月なので、現在からでもまだ今年秋入学の申請が間に合うコースです。

フルタイムMBA及びEMBAは共に2007年にAMBAの承認を受け、スクール全体がプログラムをより充実させていこうという活気に満ちています。2005年に経済学部とビジネススクールが合体したことにより、大学自体がかなりの投資をしており、新しい教授陣の採用に積極的であり、国際的な経験が豊富な教授陣が多いため、授業も面白く、様々な知識を得ることが出来ます。

リサーチ分野も強く、毎年新しいコースが増えているため、これから非常に楽しみなスクールの一つです。

Swanseaという街は、ウェールズ地方に位置しており、非常に穏やかで安全な地域といえます。キャンパスから程近いところに海岸などもあるため、勉強で疲れたときには気分転換に海岸線を歩く。。。など、リフレッシュすることも可能です。ご家族連れの方などにもお勧めできる土地といえるでしょう。

大学自体のキャンパスは非常に広く、スペースもあり、開放感があります。最新のIT設備も整っていますし、勉強には最適な環境です。まだまだこれから新しい施設の開設などの話もあり、益々充実したキャンパスライフが送れることは予想に難くありません。

まだ間に合う今年の秋入学申請にご興味のある方はこちらまで:mba@business-paradigm.com

 

2007年5月 English Home Stays (イギリス)

Intensive English Course plus Activitiesコース

(集中的に英語を学び、課外活動も楽しむ!)

イギリスの美しい景観を残しているコッツウォルズで、マンツーマンのインテンシブな英語のレッスンを提供しているEnglish Home Staysは、イギリス貴族であるご夫婦によって経営されており、その質の高さは、英語授業に長年携わっている教師採用し、教室となる教師の自宅は清潔に保たれているか定期的にチェックされているところから、その質の高さを伺い知ることが出来ます。

語学留学が初めて、異国での生活に不安を感じる。。。という方には是非お勧めのスクールです。基本的にマンツーマンの授業が提供されているため、1人の教師の自宅に1人の学生が滞在することになり、パーソナルケアが行き届いていることから、安心して留学生活を送ることが出来ます。お仕事で忙しい方でも、1週間単位でコースのアレンジが可能となっているため、「プチ留学」を体験することが出来ますので、海外留学に長いことあこがれている方にもおすすめ出来ると言えるでしょう。古きよき時代のイギリス生活を体験できるところも魅力です。

コースは様々揃っていますが、今回特にお勧めするのがIntensive English Course plus Activitiesです。マンツーマンの授業のため、個々の目的に合わせてフレキシブルに授業も変えていくことが可能ですので、短期間で集中して弱点を克服したい方にもお勧めです。また、アクティビティには、本場のフラワーアレンジメントを体験できる機会があったり、英国料理の体験レッスンや、近隣の美しい庭園を訪問する機会もあります(注:これらのアクティビティは時期により若干異なります)。ですので、勉強だけでなく、イギリスの文化も同時に体験でき、充実した留学生活を送ることが出来るでしょう。

近郊には、バースのような有名な観光都市、キャッスル・クームのようなかわいらしい村々もあり、環境的にも恵まれている地域といえます。空港からの送迎サービスも手配可能となっていますので、イギリスの地理に不安がある方でも安心して留学することが出来ます。

これから夏の時期はかなり込み合いますので、ご興味のある方は早めにお問い合わせください!

さらに詳しい情報をお知りになりたい方はこちらまで:language@business-paradigm.com

 

 

 
お問合わせ
 ビジネスパラダイム
 E-MAIL
mba@business-paradigm.com
 Tel: +44 (0) 7775 878657
 Fax: +44 (0) 870 1341203
 
  先頭へ戻る  
Copyright (c) 2014 business-paradigm.com
All rights reserved.
無断転用を禁止します。 Privacy Policy